小田原人の備忘録

クレジットカード、車、子連れ旅行、Amazonで購入したもの、PCなど雑多なことを備忘録的に書いています

ひととせの雪でかき氷を堪能してきました

2018年6月25日(月)に家族で小田原市の早川漁港前のひととせの雪でかき氷を食べてきました。食べ慣れたかき氷と違うかき氷に驚きました。この記事はお店の様子、メニューなどをまとめます。

ひととせの雪の外観

ひととせの雪の外観

www.hitotosenoyuki.jp

アクセス

住所は神奈川県小田原市早川1-5-7です。小田原市の早川漁港前にあります。

駐車場はお店を左手にすると右手の角を曲がった先の右手道路脇に6台分用意されています。

どんなお店

かき氷とは言いますが、削った氷に果物などのシロップをかけるのでは無く、果物を凍らせて削っているとのことです。だから果物の繊維もそのままです。果物は全て国内産との説明がありました。

席は以下のような感じでした。

カウンター席:10席

テーブル席:2人掛け5テーブル

テラス席:6テーブル

全席禁煙です。

お支払いは現金のみです。

子供用の椅子は2脚ありました。

価格は税込み表示です。

メニュー

7種類の果物とサイズが3種類です。シャインマスカットはSのみです。

果物:イチゴ、シャインマスカット、桃、メロン、みかん、梨、トマト

サイズ:S、M(Sの1.5倍)、L(Sの2倍)

我々が訪問した14時過ぎには限定30食のシャインマスカットは売り切れでした。我々はトマトS(500円)、みかんS(500円)、イチゴS(600円)、メロンS(600円)を頂きました。練乳かシロップが選べるとのことでしたので、おすすめの組み合わせをお願いしました。イチゴのみ練乳で他はシロップだった思います。トマトには塩も付いてきました。

左上から時計回りにトマト、みかん、イチゴ、メロン(全てSサイズ)

左上から時計回りにトマト、みかん、イチゴ、メロン(全てSサイズ)

 

感想

平日にも関わらずほぼ満席の状態が続いていました。店員さんは手際よく案内されていました。

かき氷は果物そのものの味が楽しめました。甘すぎず、さっぱりと頂けました。

お値段は500円(税込み)からとリーズナブルです。早川漁港周辺の飲食店の値付けを考えるとかなり良心的なお値段だと思いました。